マンションを健康に保つ|シノケンハーモニーで投資を始めよう|未来自分の手で切り開け

シノケンハーモニーで投資を始めよう|未来自分の手で切り開け

女の人
このエントリーをはてなブックマークに追加

マンションを健康に保つ

集合住宅

大切なポイント

マンション管理について説明します。マンションはまずは、管理が行き届いている事が大切です。そこに住んでいる人にとっても建物にとっても気持ちよい状態である事を言います。マンション管理のレベルは見た印象が綺麗であることも重要ですが、見た目の綺麗さだけではマンション管理が行き届いているとは言えません。そこに住んでいる者同士のコミュニティとしてのソフト面、設備や建物などにおけるハード面、また、管理費や修繕積立金などの金銭面の三つの側面が揃ってはじめて住まいに適した環境が成り立つのです。この三面をコントロールすることがマンション管理の大切な役割となります。マンション管理の主体は住んでいる方全員ですので、居住者が積極的に関心を持って管理に参加することが先ずは大切です。

工夫や努力

よく管理されたマンションは、外観や玄関などの共用部分の美観が保持されていて、建物や設備に故障がなかった新築時と同様な状態であり続けています。また、修繕積立金もきちんと確保されています。このためには、日々美観を保つためや故障に対しての努力や工夫が計画的になされていることが大切です。このようなことを日々注意して行っていることが質の高いマンション管理をしているということになります。美観を維持するために清掃員や修繕費などの維持管理費を多く使用すれば綺麗で安全なマンションになります。しかし、管理費が上がり過ぎると修繕積立金が貯まらない事になります。その解決策にも工夫が必要です。管理員と清掃員を兼務させるとか2名体制から1名体制の交代制でまわして経費を削減するなどの工夫が必要です。